尼崎駅近の女性鍼灸師による女性専門鍼灸院/はりきゅう治療院ねこの手

尼崎駅近の鍼灸院。女性鍼灸師による女性専用完全個室の鍼灸院です。美容鍼灸(シワ・たるみの改善)、不妊鍼灸、鍼灸治療(自律神経失調症状・耳鳴り・めまい)を得意としています。

TEL.070-4230-9860
診察時間9時~20時/日・祝休診 兵庫県尼崎市長洲中通1-5-8シルクコトー3F

自宅ケア

梅雨時期の不調の改善とツボ

来週の天気予報では毎日雨のようです。

私は雨の日があまり得意ではありません。

晴れの日はそれだけで嬉しくなります。

特に真夏のカラッと晴れたお天気の日は気分も上がります。

 

私のように天気によって気分を左右される方は特に女性に多いようです。

私は雨が降ると 『洗濯物はどうしよう』 『子どもの送迎は?』 『何を着る?』 と家事や家族のことだけでも考えることがいっぱいです。

それだけで疲れますし時間がいつもより必要になります。

そういった気持ちの部分もありますが、実はお天気と身体の関係はとても深いのです。

 

天気痛や気象病などと呼ばれています。

耳の奥の内耳をいうところには気圧センサー細胞があります。

内耳は三半規管ともいわれ体の傾きやバランスに関係しているところです。

気圧の変化により気圧センサー細胞が反応しバランスが崩れたという情報を脳に送ります。

他に筋肉や目からのバランスに関する情報が内耳の情報と異なるため脳は混乱し交感神経が興奮してしまいます。

その結果、痛み物質が分泌され痛み神経を刺激し痛みを感じたりめまいが起こったりします。

 

内耳の感度は人によってかなり違いますが、敏感な人は気圧のちょっとした変化も感じ取ってしまいます。

飛行機に乗った時気圧の変化を感じてつらい人もいれば、全く平気な人もいますよね。

臨床上、小さい時に乗り物酔いをしていた方は内耳の感度が敏感な方が多いです。

また、鼻と耳は耳管は繋がっているので、花粉症の症状が出ているときや風邪をひいているときなど敏感になりやすいです。

 

 

頭痛改善でご自宅で簡単にできるツボ押しとしては

①印堂(いんどう)

②攅竹(さんちく)

③百会(ひゃくえ)

があります。

 

一つのツボをゆっくり 1 2 3 といたくない程度の力で押してみてください。

どのツボも鼻づまりの解消にも有効なツボです。

 

 

 

 

当院の治療は内耳や鼻の不調の改善をおこないます。

細く痛くない刺激の鍼や、熱くないお灸を内耳や鼻のツボにしていき改善していきます。

全身の調整もしていきますのでつらい症状が楽になります。

 

詳しくは全身治療コースをご覧ください

 

 

 

 

 

 

自宅ケア 冷え性改善のツボ

 冷え改善のツボ   ~足の冷え編~

冬はもちろん。

夏も足の冷えが気になる方は多いです。

 

私も鍼灸師になる前は良いとされる冷え取りソックスの重ね履きをしたりレッグウォーマーなどで足を温めていましたが全然改善されませんでした。

足の冷えを解消するには下半身の筋肉を付けることも大事ですし、またお手軽なケアをするのも一つの方法だと思います。

 

簡単なケアとしておすすめの一つがツボ押し!

ツボにお灸ができたら一層効果的です!

お灸の方法はこちらに詳しくあります!

 

 

足の冷えを改善していくおすすめのツボを3つお伝えします。

3つのツボのうち2つが足首周辺にあります。

東洋医学では三首を温めるようにしますが、足首はもっとも冷えやすい箇所であります。

 

 

 

 

 

①三陰交さんいんこう

足の内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、そのまま手をそえて指4本分上の人差し指のあたっている脛のキワ

[ツボのはなし]

三陰交は三つの陰が交わると書きます。

陰というのは経絡を指します。

三陰交のツボが駅だとしたら経絡という線路が体中を走っていて、その経絡という線路は陰系と陽系に分かれます。

(兵庫県だと阪急電車が陰系で阪神電車が陽系だとイメージしてもらうとわかりやすいのですが、、、。)

陰と陽の経絡は外側(太陽にあたる側)と、内側(太陽に当たらない側)にそれぞれ3本づつ走っていて三陰交のツボはその内側三本の陰系の経絡がすべて通るという陰の中の陰のツボということになります。

陰系の経絡が3本とも通るのでやはり冷えやすい場所ということになります。

また三陰交のツボは女性にとって万能のツボといわれるのですが、人間を大きく分けると男性が陽、女性が陰になりますのでその陰が3本も通るところですので女性にとって要のツボになるのは納得ですね。

 

②太谿たいけい

内側のくるぶしとアキレス腱の間

 

①至陰しいん

足の小指、爪の「つけ根」のキワ(外側)

 

 

 

 

 ツボをゆっくり押したり擦ってください。
おすすめはお灸です!
 
 
 
 

ご自宅でケアのおすすめ お灸

「今日はちょっと頭が痛いなぁ~」

「生理痛がつらいな、、、、でも明日大切な仕事があるので休めない」なんて時や

お子さんやご家族が風邪をひいたかもしれない時に、ご自宅でちょっとしたお手当ができたらいいと思いませんか?

 

 

そんな時

私がおすすめしている方法の一つがお灸です。

お灸は中国から伝わってきたものですが、今では日本独特の発展をしていてお灸なのに火を使わない物や、お肌の敏感な方のために和紙を敷いた物もあります。

日本は海に囲まれていてとくに夏にかけて湿気が多い環境です。

そんな日本の環境にはお灸はとっても合っていると思います。

また最近のエアコンでの冷暖房は、下半身の冷えを起こしてしまうのでそのような方にもお灸はとても簡単にできる素晴らしいものだと思います。

 

お灸といえば熱そう!と思われる方がいらっしゃいますが、今はいろいろなタイプのお灸が売られています。

最初は温度の低いタイプからご利用されることをおすすめします。

 

 

 

ご自宅ケア
ご自宅で簡単にできるお灸の方法です!

ご夫婦で
カップルで
お子様に
おひとりで
5分間のリラックスタイムをどうぞ♪
【用意するもの】


・お灸
(台座が付いていて熱くないタイプから)

・ライターなど

・灰皿(水をはったお皿でも可)

・ピンセット

【方法】

①お灸のシールをはがします。

②お灸を手に付け、火を付けます。

③お灸をツボに置きます。
(合谷ごうこく にしています)

④じんわり温かくなります。
熱くなりすぎた場合は、ピンセットで取って下さい。
五分ほどすると、燃え尽きます。
台座が熱くないのを確認してから、取って下さい。

①お灸の温度
ぬるめから始めて慣れて大丈夫なら徐々に熱いものに。

どうせなら、熱い方が効くかなと、熱いお灸から始める方が多いです。
でも、熱すぎて続かないなんてことがあります。

もし、熱すぎる場合は、ピンセットで早めに取ってくださいね。

あまり熱を感じない場合は同じ個所に3回まででしたら大丈夫です。

②場所
手など、やりやすい部位から始めてください。
先にツボの位置を確認してマークを付けてからお灸をすると焦らずスムーズです。

合谷ごうこくは、親指と人差し指が交わる所です。

万能のツボと言われています。
肩こり、目の疲れ、美容にも効果的と言われています。